フッ化物洗口と眼の愛護デー/最近のニュースから思うこと

当センターでは、宇部市及び近隣の出来事を知るため、宇部日報(新聞)を購読しています。

その中で、最近気になったのが、「フッ化物洗口で虫歯予防」という9月26日の記事です。

その内容は、宇部市内の全小学校、全学年を対象に、フッ素で歯質を強くするフッ化物洗口が10月から週1回実施。

やり方は、洗口液を口に含み30秒~1分間ぶくぶくうがいを行う。先口後の薬液は、手洗い場か、コップの中に吐き出して飲み込まないようにする。希望しない児童は、水道水で洗口する対応をとるというものです。

さらに、10月1日の記事では、トップを切り新川小学校が実施ということで、同校児童が手洗い場でぶくぶくうがいを行っている写真が紹介。継続的な取り組みで、児童の虫歯予防に対する意識向上を図る、とのことです。

歯は、永久歯と呼ばれるように、抜けたら生え変わることがありません。一生大切に使っていく必要があり、子供の時に虫歯にならないようにすることはとても大切で、この宇部市の取り組みはとても良いことだと思いました。

この記事を読んでいると、以前、当センターに通われていたお子さんの親御さんが、目と歯は大事と言われていたのを思い出しました。

そして、小学校では、虫歯だけでなく、眼が悪くならない取り組みが、あってもいいのでは?と感じました。

新聞紹介の写真では、高学年の男子児童三人が眼鏡をかけられています。

ある親御さんからは、子供が小学校4年生の夏休みを過ぎた時、クラスでメガネの着用生徒が急激に増えた、という話を聞いたことがあります。

近視になる子供の低年齢化が進んでいるのは、周知の事実です。

何らかの学校での取り組みが必要ではないでしょうか?

10月10日は、眼の愛護デーでしたが、ある市内の小学校では、給食でブルーベリーのゼリーが出たと、通っている子供さんが話していました。

前に50代の方から聞いたのですが、その方が宇部市内の小学生の時は、校庭に大きなCマークあって、それを見る時間があったそうです。

眼筋トレーニングの効果を知っている者としては、「近くと遠くを交互に見たり」、「眼球を動かしたりする」、目の体操をする時間が、1日5分でも小学校にあったら、良いのにと思っています。

小学校では秋の視力検査実施中-判定ABCDと対処法

10月に入り、宇部市と近隣の小学校では、視力検査が行われています。

この結果を受けて、視力低下のお子さんのお宅には、学校からお知らせの紙が届くことになります。

視力検査の判定結果は、A,B,C,Dランクに分けられます。

ランク分けの詳細は、次の通りです。

A→1.0以上、B→1.0未満~0.7以上、

C→0.7未満~0.3以上、D→0.3未満

Aを除くB~Dまでの判定者は、学校からの通知書を持って子供と眼科に行くことになります。

眼科で視力検査を受けて、測定数値と近視・遠視・乱視などの結果、医師の所見を記載・押印してもらい、学校に提出する必要があります。

通常、年2回春と秋に学校視力検査が行われますが、年1回のところもあるようです。

小学校の視力検査は、簡易的に行われるのが多数です。

ABCD4枚のランドルト環(Cマーク)を使って、先生が、Aの指標を上下左右に向きを決めて子供に見せる、見えなければBの指標、次はC、Dと、判定していきます。

生徒の多い小学校では、順番に流れ作業でおこなわれるので、たまたま当たったとか、覚えていて当たったりとかで、悪くなっていてもスルーする子も中にはいるようです。

この情報は、宇部センターに通ってきた過去の子供達の話によるものです。

加えて、Aランク判定ですが、1.0以上あれば、不自由はないということなのでしょうが、前回検査時は2.0だったものが、ゲームのやりすぎで、1.0に落ちているかもしれません。

親御さんは、学校からお知らせが来ないので、安心されているはずです。

でも、その次の学校検査では、BかCに落ちている可能性が多いにあります。

過去の事例から、Bランクでも既に軽度近視になっているお子さんが多いです。

仮性近視の状態で発見して、近視になるのを食い止めるには、やはり、親御さんが自宅で、2~3ケ月に1回とかで、視力検査をしてあげるのが一番の対処法です。

視力表は大手ネットショップで安価で売られていますし、無料でダウンロードできるサイトも探せばあると思います。

「目は一生の宝物」、「目と歯は大事」という言葉が思いつきましたが、わが子の目を守ってあげられるのは、親御さんだけです。

トレーニングに通っても視力があがらない場合はありますか?/よくある質問から

はい、あります。

通常は、きちんと週に数回通って真剣にトレーニングを行い、自宅でも指示どおり訓練を行えば、0.1~0.2くらいはアップされています。

上がらない事例としては、次のことが考えられます。

①トレーニングの不足。週一回はトレーニング通うが、家での訓練がきちんとできていない。

幼児や小学校低学年のお子さんは、自宅トレーニングを何か月も続けさせるのに難しい面が多々あります。

その場合は、センタートレーニングに通う頻度を増やして頂きたいです。

②携帯ゲームや読書、お絵かき、ビーズ作成など目に悪いことを長時間行っている。

過去の例では、ゲーム好きのお子さんや読書好きのお子さんは、なかなか時間を減らすのが大変でした。

本人が納得して、トレーニングを行なわないと、親の眼を盗んでゲームや読書をしてしまいます。

③数年間ミドリンを点し続けていた。

ミドリンは、筋肉弛緩剤ですので、眼筋に影響が残るようです。短期間の点眼であれば、トレーニング期間が点さないお子さんよりは、効果がでるのに時間がかかる程度です。

しかし、何年も毎日点眼し続けた場合、週3回で4ケ月くらい通われましたが、びくともしませんでした。

④ストレスなど心の問題を抱えている。

学校で友達や担任の先生との関係がうまくいっていないと、本人が悩みを抱えている。

友達と仲直りしたり、学年が替わって違う先生になったら、急に視力が上がりだしたことがありました。

また、塾や習い事を複数掛け持ちで通っていて、本人は内心嫌で親に言えず、ストレスをため込んでいる感じ(本人には聴いていない)。

こういう子は、あいさつはするが、無表情・無口で楽しくなさそうで、淡々とトレーニングをこなして、次の場所へ向かうという流れでした。

以上、過去の経験から、思いついたことを書いてみました。

トレーニングでどのくらい視力が上がりますか?/よくある質問から

トレーニングを何回(何か月)行なって、どのくらい視力がアップするかは、やってみないとわかりません。

お越しになられた親御さんには、過去の傾向から、目標視力を次のとおり説明しています。

仮性近視の状態であれば、1.0以上。

軽度・中度近視の状態であれば、現状視力プラス0.2くらい。

重度近視で、視力0.1未満であれば、まず0.1。

仮性近視であれば、良くあがる傾向にありますが、近視に入っていると、やはり努力が必要となります。

宇部センターに多く通えない場合は、トレーニング不足にならないように、自宅でも手動のトレーニングをきちんと行う必要があります。

幼児・小学校低学年さんの場合は、親御さんがついて、一緒にトレーニングしたほうが良いと思います。

もちろん、携帯ゲームや長時間の読書やお絵かきなど、目に悪いことを多くすると、視力は上がりません。

目に良い生活と視力回復訓練を継続して行なう必要があります。

また、ミドリンなどの眼薬を長期間点していると、上がりにくいですね。

それと、ストレスが原因で視力が落ちていると、その問題をクリアできないと、仮性近視であっても上がりません。

他にも、毛様体筋の状態や軸性近視の進行具合、網膜の感知能力、脳への情報伝達と脳内の情報処理能力等個人差が多くあります。

最初にも書きましたが、人間は機械ではないので、結局、視力がどのくらい上がるかはわからないのが、答えです。

視力を上げるためにはどのくらいの頻度と期間で通う必要がありますか?/よくある質問から

よくある質問で、視力を上げるために宇部センターへ通う頻度と期間について教えてほしいとの質問があります。

まず、トレーニングに通われる頻度ですが、理想は毎日が一番良いです。

でも、現実的に通われるとなると、皆さん忙しかったり、費用の事もありますので、良いのは週3回(三日以上空けない)、次が週2回、その次が週1回となります。

通われる頻度が少なくなれば、その分、自宅トレーニングを多くして補う必要があります。

センターと自宅のトレーニングを組み合わせて、毎日トレーニングされることをお勧めしております。

お子さんの自宅訓練が、様々な理由から困難場合は、センターでのトレーニングの頻度を増やす必要があります。

最近のお子さんは、塾・習い事、スポ少・部活などで忙しいですね。

また、遠方の方もいらっしゃるので、皆さん週1回で通われるパターンが、ほとんどです。

次に期間ですが、どのくらい視力アップするかは、やってみないと分からないので、まずは3か月間頑張ってみましょうとお伝えしています。

3か月やってみて、継続のご希望があれば喜んで、サポートいたします。

アイトレーニングの目的は、視力を可能な限り上げて、それを維持していくことにあります。

なので、センタートレーニングを中断や終了しても、目のコンディションを良い状態に保っていくためには、目にやさしい生活や自宅訓練を心がける必要があります。

 

おじいさんが小学生(2年生)の孫の視力を検査してほしいと来店

先日、小学2年生の女の子の目を良くしたいと、おじいさんがお孫さんを連れて来られました。

視力検査の結果、右0.05 左0.15 両目0.5 (LEF値 右-2.75 左-2.00)でした。

既に眼鏡をかけていて、矯正視力 右0.3 左0.3 両目0.5 でした。

おじいさんは、裸眼視力が両目とにも0.3と思われていたので、ショックの様子でした。

また、眼鏡も最近かけ始めたばかりで、急激な視力低下に驚かれていました。

希望により、マシントレーニングを行いましたが、あまり集中してできない感じでした。

訓練後視力は、右0.06 左0.15とほとんど変化なしでした。

視力低下の原因は、ゲームのやりすぎなので、時間を少なくするように伝えました。

また、左右の視力差があるので日常生活を確認しました。

鉛筆の持ち方が悪く、書く時の姿勢が原因とわかりまた。

持ち方の改善、姿勢を良くするように、アドバイスしました。

なお、おじいさんは、女の子の他に、お兄ちゃん(小学3年生位)も一緒に連れてこられていました。

この子の眼は悪くないとのことでしたが、視力検査の結果、右0.9 左0.95 両1.1(LEF値 右-0.87 左-0.50)と仮性近視の状態でした。

この子も希望によりマシントレーニングを行いました。

訓練後の視力は、右1.35 左1.0 両1.1 でした。

お兄ちゃんは、1日4時間ゲームをしているとのことでした。

今は、崖っぷちで、近いうちに一気に視力が落ちていくだろうと伝えました。

ゲームをやめるか、時間を大幅に減らすようアドバイスしました。

今回、おじいさんは、お孫さんを自分の判断で連れて来られました。

そのため、アイトレーニングに通うかどうかは、最終的には親御さんの判断になるとのことでした。

まずは、女の子の眼鏡が合っていないので、買い替えることを優先するとのことでした。

 

自衛隊試験のため高校生来店-視力アップトレーニング開始と結果

9月7日になり、自衛隊の入隊試験を受ける予定の高校生Yさんが、視力アップトレーニングのため、来店されました。

前回来店された時に自宅トレーニングの方法を伝えていたので、この2週間以上の期間で頑張っていれば、視力は上がっているはず、と内心思っていました。

早速、トレーニング前に、視力検査を行ったところ、期待どおり良い結果となっていました。

視力測定結果は、「右 0.1 左0.15 両0.15」と、入隊条件の片眼0.1以上をクリアしていました。

自宅での訓練を頑張っいていたとのことで、その効果に本人も喜んでいました。

その後、店内でマシントレーニングを行い、測定した結果でも、「右0.15 左0.15 両0.2」とさらにアップ。

Yさんと相談の結果、この良い状態を、16日の試験当日までキープするため、あと3回、視力回復トレーニングを行うことに決めました。

最高記録は12日の「右0.2 左0.2 両0.4」。最終日の14日は「右0.15 左0.15 両 0.3」と目標視力を見事達成しました。

念のため、持参のコンタクトで矯正視力を測ったところ、左右ともに0.8以上で全く問題なしでした。

Yさんの自衛隊の入隊試験合格を心より祈念しています。

自衛隊試験のため高校生来店-視力アップトレーニング準備

自衛隊に入隊するためには、筆記試験、身体検査に合格する必要があります。

今年も9月16日に試験があり、視力検査に合格するため、高校3年生女子のYさんが通われました。

宇部新川駅の近くにある、自衛隊事務所からの紹介でした。

部活の大会の関係で、8月は通えないとのことで、23日に1回だけ来ていただき、視力検査・マシントレーニングを行いました。

視力は、「訓練前:右0.04 左 0.04 両0.07」⇒「訓練後:右0.06 左0.06 両0.1」でした。

自衛隊の身体検査の合格基準は、以下のとおりです。

「両側とも裸眼視力が0.6以上、裸眼視力が0.1以上で矯正視力が0.8以上又は裸眼視力が0.1未満であって矯正視力がプラスマイナス8.0ジオプトリーを超えない範囲の屈折度のレンズによって0.8以上であるもの」

Yさんの場合、屈折度数を計測した結果、左右ともにマイナス7.5なので、体調によっては、マイナス8.0のレンズで、0.8の視力がでない可能性があるため、左右の裸眼視力0.1以上が絶対に必要だということになりました。

9月のトレーニング開始までに、次のとおり指示をしました。

①自宅訓練として、遠近ストレッチとブロックストリングを、合計で1日100回以上を行う。

②コンタクトは、なるべく避けて、両目で0.6が見える眼鏡があるので、その眼鏡で生活をする。

③1日4時間していたスマホは、メール程度にとどめる。

以上、視力アップを期待して、次回の来店と待つことにしました。