フッ化物洗口と眼の愛護デー/最近のニュースから思うこと

当センターでは、宇部市及び近隣の出来事を知るため、宇部日報(新聞)を購読しています。

その中で、最近気になったのが、「フッ化物洗口で虫歯予防」という9月26日の記事です。

その内容は、宇部市内の全小学校、全学年を対象に、フッ素で歯質を強くするフッ化物洗口が10月から週1回実施。

やり方は、洗口液を口に含み30秒~1分間ぶくぶくうがいを行う。先口後の薬液は、手洗い場か、コップの中に吐き出して飲み込まないようにする。希望しない児童は、水道水で洗口する対応をとるというものです。

さらに、10月1日の記事では、トップを切り新川小学校が実施ということで、同校児童が手洗い場でぶくぶくうがいを行っている写真が紹介。継続的な取り組みで、児童の虫歯予防に対する意識向上を図る、とのことです。

歯は、永久歯と呼ばれるように、抜けたら生え変わることがありません。一生大切に使っていく必要があり、子供の時に虫歯にならないようにすることはとても大切で、この宇部市の取り組みはとても良いことだと思いました。

この記事を読んでいると、以前、当センターに通われていたお子さんの親御さんが、目と歯は大事と言われていたのを思い出しました。

そして、小学校では、虫歯だけでなく、眼が悪くならない取り組みが、あってもいいのでは?と感じました。

新聞紹介の写真では、高学年の男子児童三人が眼鏡をかけられています。

ある親御さんからは、子供が小学校4年生の夏休みを過ぎた時、クラスでメガネの着用生徒が急激に増えた、という話を聞いたことがあります。

近視になる子供の低年齢化が進んでいるのは、周知の事実です。

何らかの学校での取り組みが必要ではないでしょうか?

10月10日は、眼の愛護デーでしたが、ある市内の小学校では、給食でブルーベリーのゼリーが出たと、通っている子供さんが話していました。

前に50代の方から聞いたのですが、その方が宇部市内の小学生の時は、校庭に大きなCマークあって、それを見る時間があったそうです。

眼筋トレーニングの効果を知っている者としては、「近くと遠くを交互に見たり」、「眼球を動かしたりする」、目の体操をする時間が、1日5分でも小学校にあったら、良いのにと思っています。