トレーニングに通っても視力があがらない場合はありますか?/よくある質問から

はい、あります。

通常は、きちんと週に数回通って真剣にトレーニングを行い、自宅でも指示どおり訓練を行えば、0.1~0.2くらいはアップされています。

上がらない事例としては、次のことが考えられます。

①トレーニングの不足。週一回はトレーニング通うが、家での訓練がきちんとできていない。

幼児や小学校低学年のお子さんは、自宅トレーニングを何か月も続けさせるのに難しい面が多々あります。

その場合は、センタートレーニングに通う頻度を増やして頂きたいです。

②携帯ゲームや読書、お絵かき、ビーズ作成など目に悪いことを長時間行っている。

過去の例では、ゲーム好きのお子さんや読書好きのお子さんは、なかなか時間を減らすのが大変でした。

本人が納得して、トレーニングを行なわないと、親の眼を盗んでゲームや読書をしてしまいます。

③数年間ミドリンを点し続けていた。

ミドリンは、筋肉弛緩剤ですので、眼筋に影響が残るようです。短期間の点眼であれば、トレーニング期間が点さないお子さんよりは、効果がでるのに時間がかかる程度です。

しかし、何年も毎日点眼し続けた場合、週3回で4ケ月くらい通われましたが、びくともしませんでした。

④ストレスなど心の問題を抱えている。

学校で友達や担任の先生との関係がうまくいっていないと、本人が悩みを抱えている。

友達と仲直りしたり、学年が替わって違う先生になったら、急に視力が上がりだしたことがありました。

また、塾や習い事を複数掛け持ちで通っていて、本人は内心嫌で親に言えず、ストレスをため込んでいる感じ(本人には聴いていない)。

こういう子は、あいさつはするが、無表情・無口で楽しくなさそうで、淡々とトレーニングをこなして、次の場所へ向かうという流れでした。

以上、過去の経験から、思いついたことを書いてみました。

視力を上げるためにはどのくらいの頻度と期間で通う必要がありますか?/よくある質問から

よくある質問で、視力を上げるために宇部センターへ通う頻度と期間について教えてほしいとの質問があります。

まず、トレーニングに通われる頻度ですが、理想は毎日が一番良いです。

でも、現実的に通われるとなると、皆さん忙しかったり、費用の事もありますので、良いのは週3回(三日以上空けない)、次が週2回、その次が週1回となります。

通われる頻度が少なくなれば、その分、自宅トレーニングを多くして補う必要があります。

センターと自宅のトレーニングを組み合わせて、毎日トレーニングされることをお勧めしております。

お子さんの自宅訓練が、様々な理由から困難場合は、センターでのトレーニングの頻度を増やす必要があります。

最近のお子さんは、塾・習い事、スポ少・部活などで忙しいですね。

また、遠方の方もいらっしゃるので、皆さん週1回で通われるパターンが、ほとんどです。

次に期間ですが、どのくらい視力アップするかは、やってみないと分からないので、まずは3か月間頑張ってみましょうとお伝えしています。

3か月やってみて、継続のご希望があれば喜んで、サポートいたします。

アイトレーニングの目的は、視力を可能な限り上げて、それを維持していくことにあります。

なので、センタートレーニングを中断や終了しても、目のコンディションを良い状態に保っていくためには、目にやさしい生活や自宅訓練を心がける必要があります。