トレーニングでどのくらい視力が上がりますか?/よくある質問から

トレーニングを何回(何か月)行なって、どのくらい視力がアップするかは、やってみないとわかりません。

お越しになられた親御さんには、過去の傾向から、目標視力を次のとおり説明しています。

仮性近視の状態であれば、1.0以上。

軽度・中度近視の状態であれば、現状視力プラス0.2くらい。

重度近視で、視力0.1未満であれば、まず0.1。

仮性近視であれば、良くあがる傾向にありますが、近視に入っていると、やはり努力が必要となります。

宇部センターに多く通えない場合は、トレーニング不足にならないように、自宅でも手動のトレーニングをきちんと行う必要があります。

幼児・小学校低学年さんの場合は、親御さんがついて、一緒にトレーニングしたほうが良いと思います。

もちろん、携帯ゲームや長時間の読書やお絵かきなど、目に悪いことを多くすると、視力は上がりません。

目に良い生活と視力回復訓練を継続して行なう必要があります。

また、ミドリンなどの眼薬を長期間点していると、上がりにくいですね。

それと、ストレスが原因で視力が落ちていると、その問題をクリアできないと、仮性近視であっても上がりません。

他にも、毛様体筋の状態や軸性近視の進行具合、網膜の感知能力、脳への情報伝達と脳内の情報処理能力等個人差が多くあります。

最初にも書きましたが、人間は機械ではないので、結局、視力がどのくらい上がるかはわからないのが、答えです。

視力を上げるためにはどのくらいの頻度と期間で通う必要がありますか?/よくある質問から

よくある質問で、視力を上げるために宇部センターへ通う頻度と期間について教えてほしいとの質問があります。

まず、トレーニングに通われる頻度ですが、理想は毎日が一番良いです。

でも、現実的に通われるとなると、皆さん忙しかったり、費用の事もありますので、良いのは週3回(三日以上空けない)、次が週2回、その次が週1回となります。

通われる頻度が少なくなれば、その分、自宅トレーニングを多くして補う必要があります。

センターと自宅のトレーニングを組み合わせて、毎日トレーニングされることをお勧めしております。

お子さんの自宅訓練が、様々な理由から困難場合は、センターでのトレーニングの頻度を増やす必要があります。

最近のお子さんは、塾・習い事、スポ少・部活などで忙しいですね。

また、遠方の方もいらっしゃるので、皆さん週1回で通われるパターンが、ほとんどです。

次に期間ですが、どのくらい視力アップするかは、やってみないと分からないので、まずは3か月間頑張ってみましょうとお伝えしています。

3か月やってみて、継続のご希望があれば喜んで、サポートいたします。

アイトレーニングの目的は、視力を可能な限り上げて、それを維持していくことにあります。

なので、センタートレーニングを中断や終了しても、目のコンディションを良い状態に保っていくためには、目にやさしい生活や自宅訓練を心がける必要があります。